ファヴィニャーナ:フィリアートによる海のブドウ栽培

テヌータ・ディ・カラモーニはファヴィニャーナ島の中央南部に位置し、海のすぐそばです。マルサラ沖に浮かぶこの細長い島の最も狭い部分にあって、後ろには高い岬が迫っています。ブドウ園の面積は5haほど。周りは乾いた石壁で囲まれていて、エガディ諸島によく見られるのどかな風景です。周囲の道路を見下ろす位置にある農園から見ると、海は一番近いブドウ樹から10メートルも離れていません。まさに海洋環境で、海から浮上した土地であるため化石もたくさん出ます。深い赤色は、その土壌に鉄分が多く含まれることを示していて、非常に特殊な土壌です。ファヴィニャーナ島はユニークで他に類を見ない生育環境だと言えるでしょう。地中海に浮かぶ島々の環境は大半が火山や花崗岩をベースとしています。ところが、カラモーニの農園の土壌は、何百万年もかかって海底に形成された、貝や魚の骨の化石を多く含む第四期の石灰岩のプラットフォームを持っているのです。また風もよく通り、微風や強風など、様々な風が海からこの細長い島に吹き込みます。この農園には、専門家が見ればすぐに気づく4つの”境界”があります。これらは土地の岩を掘り起し、掘り出した岩を粉砕して周囲に沿って並べたものです。その内側では特に小麦が栽培されていました。エガディ諸島では1900年代初頭まで、家庭菜園としてのブドウ園が見られましたが、その後姿を消しました。フィリアート社はそんなブドウ栽培には向いていなさそうな地域の一角に、いわゆるヨーロッパ種(vitis vinifera)のブドウによるブドウ栽培の歴史をもう一度スタートさせたのです。ファヴィニャーナ島でブドウ栽培を行うにあたっては、栽培方法や農法を決定するのに海が非常に重要な要素です。ファヴィニャーナ島特有の微気象がぶどう栽培に大きく影響するからです。土壌の科学的・物理的性質、地面下2mの深さですでに海水が存在すること、昼も夜も吹き続ける風が気温に与える影響、これらが相まってファヴィニャーナという土地の栽培環境は非常に特殊なものになっているのです。そして、このような環境要因それぞれの相互作用とブドウへの影響を理解した上で、それぞれの要素に対応する必要があるわけです。このようなブドウ栽培においては当然海洋性環境に独特の問題に直面するわけですが、その一方で海がもたらす豊かさには目をみはるものがあり、我々はファヴィニャーナという生育環境で育つブドウの特殊性と恩恵の素晴らしさを実感しています。

ディテール

©Firriato - calamoni eng - ファヴィニャーナ:フィリアートによる海のブドウ栽培

ワイン

©Firriato - 4 Il vigneto Calamoni di Favignana view 2 - ファヴィニャーナ:フィリアートによる海のブドウ栽培

Calamoni di Favignana

The vineyard

The vineyard lies not even ten meters from the dazzling sea which calls out to you like a siren inviting you to dive in. Unlike Ulysses though, we have the perfect thing to distract us. Prompted by the breeze we turn to look over our shoulder at the five hectares at the tip of the island’s high promontory— land enclosed by uninterrupted lines of low dry-stone walls. It is here we discover the only vineyard in production in all of the Egadi islands—Calamoni di Favignana. As at Cavanera Etnea, Firriato stands out here for its selective yield and its great stylistic scrupulousness which enhances the richness and complexity of each individual territory.

MORE

Calamoni di Favignana

The grape harvest

Every grape harvest at the Calamoni Estate is history in itself. The multiple variables of such a marine habitat interact during the seasons both when the vines are in their dormant stage (end of November-beginning of March) and when they are in their growth-fruit phase (end March-October). The plants’ development is influenced by the extreme variability of the conditions that affect the area’s microclimate, giving life to vintages with core differences between them.

MORE

©Firriato - 3 Linflusso del mare Grape Harvest in Favignana island - ファヴィニャーナ:フィリアートによる海のブドウ栽培
©Firriato - 7 Terroir Fossil 2 - ファヴィニャーナ:フィリアートによる海のブドウ栽培

Calamoni di Favignana

Terroir

The Favonio (Foehn) wind which blows inland from the sea combats the effect of humidity, just as the thicker skins on the grapes form a shield against parasites which contribute to making the characteristics of the wines even more unique.

APPROFONDISCI

Calamoni di Favignana

The wines

The efforts, which only Firriato’s passion can bear in such a difficult and peculiar location, are repaid with three wines from the Favinia line. They are wines which are unique in style, type of production and for their exceptional character. The first wine to take life as a result of this seaside viticulture was “La Muciara”. A blend of Grillo, Catarratto and Zibibbo, it is a wine that has an elegant and complex aromatic spectrum that is prized for its pleasant and vibrant acidity, enveloped by elegant aromatic notes with a flavourful mineral texture. From the red grape varieties of Perricone and Nero d’Avola comes “Le Sciabiche”, characterised by a powerful structure accompanied by enveloping and refined noble tannins against undertones of marked minerality with a rich flavour that recalls the sea. The line is completed by Passulè, an elegant passito from Zibibbo grapes, recognised for its freshness enriched with fruity undertones and here too with a marine tang.

©Firriato - 9 I Vini  F6A6006 - ファヴィニャーナ:フィリアートによる海のブドウ栽培