持続可能性と有機農法:ブドウ畑からボトル詰めまで、正しく安全な工程で

@Firriato - Acini di Nerello Mascalese - 持続可能性&有機農法

認証有機農法。土地のための選択

フィリアートはエガディ諸島のファヴィニャーナ島やエトナ火山麓のヴェルゼッラ地区のような特殊な自然環境でブドウ栽培を行うという選択をした会社ですから当然環境問題に敏感で、またエコシステムのバランスを保つよう注意しつつ戦略的価値を探し出し、方向付けを模索しています。フィリアートの全ての農園が重視する自然生育環境は事実、ディ・ガエターノ家にとって何ものにも代えがたい価値を持つもので、保護され後世へ引き継がれていかなければならないと考えています。自然や土地、景観に注意を払わずに行うのでは、開発や近代化と呼ぶのもおこがましいほどです。まさにこれこそが、フィリアートが生産を開始した当初から一貫して提唱してきた、土地のアイデンティティというコンセプトの重要な部分なのです。

環境汚染の削減。認定を受けた取り組み

フィリアートはイタリアのワイン醸造企業の中でも初期に、温室効果ガス排出量の削減・管理に関するISO14064を取得しました。ISO14064は国際的に知られた環境認証機関であるDNVにより発行されるもので、これにより二酸化炭素の排出量を推定し、その管理と削減に向けた新しい活動を生み出すための基本パラメーターを確立することができるようになります。ブドウの搬入からボトル詰め後の醸造まで、ワイン作りのすべての工程においてモニタリングが行われます。フィリアートはこの作業を通して、ワインの品質を追求するだけでなく、環境効率性と持続性のより先進的モデルを作るために効果的に貢献することの重要性を認識している、イタリアでも数少ない企業の一員となりました。また、フィリアートは使用材料のほぼすべてが再生可能であるという、ISO14001の認定も受けています。ボトルになるガラスからラベルの紙、梱包用紙材からポリラミネートのコルクカバーまで、廃棄対象物は全て定期的に検分、分類されてリサイクルに回されます。事実、フィリアートの生産工程は完璧に自然や環境に配慮したものなのです。

@Firriato - Grappolo di Nero dAvola - 持続可能性&有機農法
Nido tra i vigneti

土地の保護:バイオアーキテクチャー

シチリアでは自然や景観や農村文明がまるで魔法を使ったように表現されることがあります。例えばトラパニ近郊の農村にあるバーリオ・ソリアの農園やエトナ山のテヌータ・ディ・カヴァネーラにフィリアートが所有する歴史的な建物は農業界の建築表現であり、シチリアという島の重要性や社会的威信を示すものでした。この二つの宝ともいえる歴史遺産は、洗練された、挑戦的な歴史遺物の修復プロジェクトによって見事によみがえりました。その際、素材は忠実にこれまでと同じものを使いながら、環境や景観への影響が軽減できるような先進技術はどんどん取り入れられています。 このような建築物に使用される素材を変えない理由は、一方では建物のある土地の気候特性に適していることで、他方では自然や、人間が生み出したものと景観との調和に配慮しつつ省エネと排出削減ができることです。バイオアーキテクチャーというのは元来こういうもので、単に自然素材を使用することではなく、より広い意味で解釈されるもの、すなわち自然から直接手に入れた素材を使って環境の回復と保護を行うという、人間社会が古代から持ち続けてきた能力のことなのです。ぜひ私たちの作業を見学に来てください。私たちがいかに土地や環境を大切に考えているかをお見せします。

ワイナリーでの作業

ブドウの官能品質や特性の定義を注意深く行うブドウ栽培に対しては、品質の高さや追跡可能性を特に重視したワイン作りがなければなりません。フィリアートのワイナリーで行われる作業では、収穫されたブドウの搬入からボトル詰めされたワインの出荷まで、必ずこの原則が守られます。一人一人の消費者に100%シチリア産で100%安全な、生まれた土地の素晴らしさやブドウの品質の高さを反映したワインを保障するために、様々なルールが設けられています。フィリアートは早くにISO9001の認定を受けていますが、これはブドウの搬入から始まるすべての工程(粉砕・ムストの発酵・中間冷却・貯蔵洗練・清澄作業・ろ過・ボトル詰め)について検査・保証するものです。品種や農法、収穫時期によって異なる特性は全て、ブドウ畑からボトルまで、その追跡可能性を保持するために別々に取り扱われます。これはフィリアートが2008年に認定を受けた、農地-食品追跡可能性に関するUNI EN ISO 22005:2008に沿った複雑な生産方法です。同じ年に、ワイン生産及びボトル詰め工程を管理するBRC食品認証からもAグレードの認定を受けました。続いて、DNV認証・アセスメントサービス部門により、ワインの洗練、ブレンド、ボトル詰めのそれぞれの工程について、“ハイレベル”の認定を受けています。

I gabbiani di Favignana