格付け IGT テッレ・シチリアーネ
ブドウ品種 ジビッボ&マルヴァジア(一部)
生産地 トラパニ近郊の農業地区‐グアリーニ農園(Azienda Guarini)
土壌向き 粘土質の多い混合
斜面向き/(海抜250-400 m)
仕立て方 グイヨー方式のcontrospalliera (縦型棚仕立て)
作付本数/1ha当たり 5,500
収穫量/1ha当たり 7,000-7,200 kg
収穫時期 9110日に完熟したブドウ房を選別、手摘み。その後風通しの良い網棚の上でアパ ッシメント(干し乾燥)を行う。収穫されなかった房は熟度が十分になるまで木に残される。
発酵温度 14-16°C
発酵期間 4週間
醸造 温度調節された状態で圧搾・発酵
熟成方法 ビンで4か月
アルコール度数 13 %
PH 3.36 (平均値)
収穫初年度 2007
年間生産量 30,000
内容量(びん) 500 ml1.5ℓ
飲み頃温度 12°C
ワイングラス 小さくて足の長いパッシートワイン用

テイスティングメモ

琥珀色がかった濃い黄金色
香り オレンジの花の蜂蜜、砂糖漬オレンジのピール、乾燥イチジク、ナツメヤシ、桃のシロップ漬けの
上品な香りに、ほどよく重なり合って匂い立つローリエ、レモングラス、マジョラム、セージ、オレ
ガノやオリエンタルスパイスが絶妙なバランス。
シチリアの陽光に海や果実の繊細で深いニュアンスが、穏やかに、かつ刺激的に重なり合う感覚を、
まるでささやくように語りかけてくる魅力的な構成。
特徴 洗練されていて控えめながら甘美でダイナミック。持続性が素晴らしく、優しくて上品かつ香り豊
か。このワインだけでも十分楽しめ、慣れ親しむとそのエレガントで堂々として官能的だが決して主張
しすぎない風味が安心させてくれる。