格付け              ETNA DOC V.S.Q.(高級スパークリングワイン)
ブドウ品種         ネレッロ・マスカレーゼ
生産地              カスティリオーネ・ディ・シチリア地区(カターニア県) – テヌータ・カヴァネーラ(Tenuta土壌 砂質で排水機能が高い
斜面向き           北東(海抜650m)
仕立て方           グイヨー方式のcontrospalliera (縦型棚仕立て)
作付本数/1ha当たり  3,500本
収穫量/1ha当たり   5,000 kg
収穫時期            9月末に手摘み
発酵温度           16°C
醸造               果皮付きブドウを低圧圧搾後、温度管理下で発酵
熟成方法            酵母を入れた瓶内で18カ月発酵。その間香りを濃厚にするための“coupe de poignèe(撹拌      作業)”を頻繁に行う。
アルコール度数      12 %
PH                  3.15 (平均値)
総酸性度            7 g/l (平均値)
収穫初年度          2009年
年間生産量         12,000 本
内容量(びん)        750 ml、1.5 ℓ
飲み頃温度         8°C
ワイングラス       高級スプマンテ用

テイスティングメモ

        明るい金色がかった淡黄色
香り     シチリアの柑橘類、焼けたパンの皮の香ばしい匂い、アニスのバランスの良い香りとミネラル香が
        しっかりした構成の中に上品さが際立つ、複雑な味わい。風味とミネラル感が長く持続し、余韻
として残るのはスグリとアーモンドの香り。
特徴     スパークリング白ワイン。発泡性がしっかりしており、稀な強さを持つスプマンテとして際立った個性を発揮 する。エトナ山の独特で変化に富んだ特質を最大限に表現するガウデンシウスには、エトナ山のワインのエレガンスが忠実に描写されている。