格付け IGT テッレ・シチリアーネ
ブドウ品種 シチリア原産種のブレンド
生産地 トラパニ近郊の農業地区 – テヌータ・グアリーニ (Tenuta Guarini)
土壌  粘土質石灰
斜面向き 北東 (海抜250 m)
仕立て方 グイヨー方式のcontrospalliera (縦型棚仕立て)
作付本数/1ha当たり  5,000-5,500本
収穫量/1ha当たり 6,800-7,000 kg
収穫時期  9月10-20日に手摘み
発酵温度 16-18°C
発酵期間 15 日間
醸造 短時間浸漬、低圧圧搾、適正圧力を保つよう温度管理下でオートクレーブ(圧力釜)発酵
熟成方法 滓と共に3ヶ月
アルコール度数 12.5 %
PH  3.28 (平均値)
総酸性度 5.76 g/l (平均値)
収穫初年度  2007年
年間生産量  25,000 本
内容量(びん) 750 ml
飲み頃温度  8-10° C
ワイングラス 飲み口がチューリップ型の広径

テイスティングメモ

上品で美しいチェリーピンク
香り タマリンド、赤プラム、スイカ、ザクロ、イチゴ、ラズベリーのフルーティであっさりした上品な 香りにバラ、ゼラニウム、フリージア、バイオレット、シクラメンの洗練されたニュアンスが加わってバラエティ豊か。
  まろやかでシャープ、驚くほどバランスが取れたワイン。口あたりはハツラツとして力強く、柔
らかくてクリーミーな感じ。それから幅広くて豊かなアロマが縁取るように表現されてくる。気品
のある軽い渋味もアクセントになっている。
特徴  とっておき用ワイン。コクがあってハツラツとしている。生き生きとして優しく、こだわりがなくて 何にでも相性がいい。大切なイベントやパーティーなど楽しいひと時に最適。