格付け IGT テッレ・シチリアーネ
ブドウ品種 原産種のブレンド
生産地 トラパニ近郊の農業地区 – テヌータ・グアリーニ (Tenuta Guarini)
土壌   砂質が多めの混合
斜面向き 北東 (海抜250 m)
仕立て方 グイヨー方式のcontrospalliera (縦型棚仕立て)
作付本数/1ha当たり 5,000-5,500本
収穫量/1ha当たり  7,300-7,500 kg
収穫時期  9月1-10日に手摘み
発酵温度 16-18°C
発酵期間  15 日間
醸造   低圧圧搾、適正圧力を保つよう温度管理下でオートクレーブ(圧力釜)発酵
熟成方法 滓と共に3ヶ月
アルコール度数  12.5 %
PH  3.28 (平均値)
総酸性度  5.76 g/l (平均値)
収穫初年度  2008年
年間生産量 60,000 本
内容量(びん) 750 ml
飲み頃温度  8-10°C
ワイングラス 若い白ワイン用

テイスティングメモ

  ほんのり緑がかったごく淡い黄色
香り  野の花やエニシダの優しいトップノートがすぐにマンゴー、パパイヤ、熟したバナナとメロンを
思わせるフレッシュな香りに変わる。最後にローズマリーとローリエの微香が立ちのぼる。
調和がとれていて複雑な味わい。非常に豊かな酸味のアクセントの中にシャープでハツラツとし
た性質がよく表現されているが、それが柔らかい構造と完璧に呼応して絶妙に喉ごしが良い。
特徴 楽しい時間を過ごす時に飲みたいワイン。才能ある若者のようなはちきれんばかりの生命力を持って        いて、思いもよらない雰囲気を醸し出す。雄弁で、上品でスタイリッシュ、そして生まれ持った優雅さの中に、一方で今までにない洗練と美しさを見せてくれる。