@Firriato - s agostino rosso - サンタゴスティーノ・バーリオ・ソリアSantagostino Baglio Sorìa Rosso (プレミアム赤ワインシリーズ)

サンタゴスティーノ・バーリオ・ソリアSantagostino Baglio Sorìa Rosso (プレミアム赤ワインシリーズ)

格付け IGT テッレ・シチリアーネ
ブドウ品種 ネロ・ダヴォラ&シラー
生産地 トラパニ近郊の農業地区 テヌータ・バーリオ・ソリア(Tenuta Baglio Sorìa)
土壌 粘土質石灰
斜面向き 南 – 南西 (海抜200 m)
仕立て方 cordone speronato(コルドーネ・スペロナート)/グイヨー方式のcontrospalliera (縦型棚仕 立て)
作付本数/1ha当たり 5,500-6,000
収穫量/1ha当たり 7,000-7,300 kg
収穫時期 ネロ・ダヴォラは910-20日、シラーは91-10日に手摘み。
発酵温度 24-26°C
発酵期間 10 日間
醸造 温度調節機能付きステンレススチールタンクによる赤ワイン伝統醸造
マロラクティック発酵有無
熟成方法 アメリカンオークのバリックで8ヶ月
瓶内熟成 6ヶ月
アルコール度数 14.5 %
PH 3.40 (平均値)
総酸性度 5.96 g/l (平均値)
収穫初年度 1991
年間生産量 400,000
内容量(びん) 750 ml1,5 ℓ
飲み頃温度 16-18°C
ワイングラス やや丸みのあるバロン

テイスティングメモ

鮮やかな紫がかった濃い深みのあるルビー色
香り 濃厚で明確なチェリー、ベリー、ルバーブクローブ、ハーブとプラムのニュアンスがリコリス、
インク、タバコの葉の魅惑的な香りと交互に現れる。
柔らかくて口当たりが良いワイン。力強く快活な素材に生き生きとした味わい、そして滑らかで
気品のある渋味が調和した地中海らしさが強く感じられる。
特徴 シチリアのワイン醸造の新しい歴史を作ったワインで世界的に評価を受けている。複雑で上質な味わ いは非常に飲み心地が良い。かなり肉厚の果実で作られた、同カテゴリーの中でも格別のワイン。

シェア!